クセナキスと日本

クセナキスと日本

[ 日時 ] 2021年6月5日(土)
[ 開演 ]
【1回目】15:30開場 / 16:00開演
【2回目】18:00開場 / 19:00開演

[ 場所 ] めぐろパーシモンホール 大ホール
[ アクセス ] 〒152-0023 東京都目黒区八雲1-1-1

[ プログラム ]
● ルボンと舞
  加藤訓子+中所宜夫(能楽師・観世流シテ方/能舞)
● 18人のプレイアデス
  inc. percussionists

[ 出演者 ]
加藤訓子
中所宜夫(能楽師・観世流シテ方/能舞)

inc. percussionists
悪原 至、東 廉吾、伊藤すみれ、齋藤綾乃、佐藤直斗、篠崎陽子、高口かれん、谷本麻実、戸崎可梨、冨田真以子、中野志保、新野将之、原 順子、藤本亮平、古屋千尋、細野幸一、眞鍋華子、三神絵里子、横内 奏

[ チケット ] 
大ホール単券 3,000円
大ホール1回目+小ホールセット券 5,000円

20世紀を代表する現代音楽作曲家の一人、クセナキス生誕100年を記念したフェスティバル。

打楽器奏者・加藤訓子が指導を重ねてきた若手打楽器奏者による「18人のプレイアデス」をはじめ、クセナキスが遺した作品を現代の日本人演奏家たちが奏でる。

[ タイムテーブル ]

13:00 小ホール開場
常設 “PROMECT IX” (要セット券)
ギャラリー展示|音楽+映像インスタレーション
HIBIKI – HANA – MA, 12-track (Polytope of Osaka, 1969 – 70)
PROJECT IX – PLEIADES by kuniko kato

14:00 小ホール開演「クセナキスと日本」
●Six Chansons pour piano (1951) 、Evryali for piano (1973)
高橋アキ(ピアノ)
●Embellie for viola (1981)
般若佳子(ヴィオラ)
●Nyuyo for shakuhachi, sangen and 2 koto (1985)
木村麻耶(箏)/LEO(箏)/本條秀慈郎(三味線)/長谷川将山(尺八)
●Rebonds a. b. (1987 – 89)
加藤訓子(打楽器)

15:30 大ホール1回目 開場
ロビーパフォーマンス
Okuho : inc. percussionists

16:00 大ホール1回目 開演
「18人のプレイアデス」「ルボンと舞」
Rebonds + 舞 :加藤訓子+中所宜夫(能楽師・観世流シテ方/能舞)
Pleiades : inc. percussionists

小ホール
常設 “PROMECT IX”
ギャラリー展示|音楽+映像インスタレーション
HIBIKI – HANA – MA, 12-track (Polytope of OSaka, 1969 – 70)
PROJECT IX – PLEIADES by kuniko kato

18:00 大ホール2回目 開場
ロビーパフォーマンス
Okuho : inc. percussionists
Embellie for viola : 般若佳子

19:00 大ホール2回目 開演
「18人のプレイアデス」「ルボンと舞」
Rebonds + 舞 : 加藤訓子+中所宜夫(能楽師・観世流シテ方/能舞)
Pleiades : inc. percussionists

※プログラムおよび曲順は変更となる可能性があります。

[ お問い合わせ ]
めぐろパーシモンホールチケットセンター 又は 出演者へ

お問い合わせ
チケット予約はこちらから